院長のご紹介



img

院長 齋藤 薫



患者さん一人一人と向き合った、
 安心できる治療を心がけています


日々の生活を笑顔で元気に過ごしたい。誰でもそうありたいなぁと思われるでしょう。しかし歯が痛くてよく咬めなかったり、口元が気になったりしたらどうですか?

多くの方にとっては「歯科医院は怖くて痛いところ」ですよね。これまでの歯科医療はむし歯の早期発見・早期治療を推奨してきました。当然治療となれば苦痛が伴います。早期に治療することは医療として確かに望ましいことです。特に歯は病気が進んでしまうと歯自体を元に戻すことができない臓器なので、病気が進行しないうちに治療することはまことに理にかなっているのです。しかし、むし歯を治療したとしてもその「原因が治るわけではない」ですから、歯を削って治療しただけではいずれまたむし歯になってしまいますよね。歯を削って治療すると歯が悪くなるという方がいますが、その通りです。このような歯科疾患の実態を理解した上で治療を受けないと治療はただの苦痛になり、そしてその歯の治療が繰り返され、最後には歯を失ってしまう・・・。このようにして実際に多くの方々が自分の「歯」で悩んだり不安だったりしているのではないでしょうか。

私たちはまず始めに歯の病気、その原因、治療法、お口の現状などについて出来る限りのご説明をすることで、皆様にまずは理解し安心していただくことが大事であると考えています。そして患者さん一人一人が行える治療と予防策を共に考え、それを実行していくためのサポートをさせていただくのです。お手入れは皆さん自身が行うものであり、私たちが主体で行うものではありません。

皆様とこのような考え方を共有して歯の治療を進めることで初めてお口の健康づくりを実現していけると私たちは考えています。そして皆様には歯のことで心配することなく美味しくものを食べられる、そんな充実した毎日を過ごしていただきたいのです。


 略歴・所属団体

 略 歴

平成6年3月
 東北大学歯学部 卒業
平成10年3月
 東北大学大学院歯学研究科
 (歯周病学)修了
平成10年4月~
 東北大学歯学部
 歯内歯周療法学分野助手
平成15年4月~
 宍戸歯科医院 勤務
平成16年
 郷野目かおる歯科クリニック 開業

 所属団体

・日本歯周病学会
・日本歯科保存学会
・日本臨床歯周病学会
・ITI Member (International Team for Implantology)
・日本歯科医師会


 当クリニックの診療方針
一般の歯科治療は、1.歯を抜かないようにする治療(保存治療)、2.咬む機能を回復させる治療(補綴治療)、というステップに分けられますが、そのうち保存治療とは家に例えれば基礎工事の部分です。当クリニックでは最良の保存治療をご提供しセラミックなどの最適な補綴治療を選択して行い、さらには歯科疾患の予防処置に重点を置くことで患者さんの生活の質(Quality of Life)を高める歯科医療を目指しています。

 郷野目かおる歯科クリニックの
 診療コンセプト


1.治療をしっかり丁寧に行うことで、なるべく抜歯せずに歯の機能、審美性をしっかり回復させます。



2.皆様が末永く自分の歯で食事を楽しめるよう、歯みがきチェックや治療後の定期的なお口のケアなどでサポートいたします。



3.病状に関して丁寧にご説明し、治療方針をご相談しながら安心して治療を受けていただけるようにいたします。



4.治療が少しでも楽になるように、電動注射器による麻酔注射やその他の処置に関しても最大限の努力をいたします。


▲ページTOP

(c) 2016 GONOME KAORU Dental Clinic All rights reserved.